Skip to main content

軽元素のみからなる結晶の Mo 線源を用いた絶対構造の判定

AppNote B-SCX1007: 軽元素のみからなる結晶の Mo 線源を用いた絶対構造の判定

 

天然物等のキラル化合物の絶対立体配置を決定する際に、単結晶X線構造解析は最も信頼性の高い手法として広く使われています。その際には、X線回折の異常分散を利用したBijvoet法(1)(2)が用いられます。しかし通常、Neより原子番号が小さい軽元素のみからなる結晶は、Mo線源では異常分散効果が不十分であり、絶対構造を判定することは困難です。CrysAlisProにより最適化された測定スケジュールと、最新のSHELXLにより計算されるFlackパラメーターを採用することにより、軽元素のみからなる結晶においても絶対構造の判定が可能となりました。

リガクの生体高分子関連装置

生体高分子用X線小角散乱装置 BioSAXS-2000

小角X線散乱(SAXS)Kratky カメラシステム。

サブミクロン結晶用電子回折装置 XtaLAB Synergy-ED

データ測定から結晶構造の決定まで、シームレスなワークフローを提供。

回転対陰極線源 超高速・超高精度 単結晶X線構造解析装置 XtaLAB Synergy-R/DW

単結晶X線構造解析のための至高のシステム。

1光子検出型HPC検出器搭載単結晶X線構造解析装置 XtaLAB Synergy-S

回折データを精度よく、迅速かつインテリジェントに収集。

超高速・超高精度単結晶X線構造解析装置 XtaLAB SynergyCustom

世界でひとつだけの、貴方だけのカスタムモデ ル。

HPCX線検出器 HyPix-6000

単結晶X線回折用の大面積ハイブリッド光子計数検出器

高分解能光子計数X線検出器 EIGER2 Rシリーズ

単結晶X線構造解析用の高速・高感度のHPCX線検出器。

単結晶構造解析 統合プラットフォーム CrysAlisPro

データの収集と解析、高度な機能を備えた統合ソフトウェア。

フォトンカウンティングX線検出器 PILATUS3 R

タンパク質結晶構造解析のためのX線検出器。