Skip to main content

TG-DTA/GC-MS 測定によるコーヒー中のカフェイン

AppNote TA2033: TG-DTA/GC-MS 測定によるコーヒー中のカフェイン

 

コーヒーにはカフェインが含まれており、その効果としては覚醒作用、鎮痛作用、疲労回復効果、利尿作用などがあります。ただし、摂りすぎると中毒や体に害を及ぼすことが分かっています。特に妊娠中や授乳中の女性はカフェインの摂取量に気をつけている方が多く、また妊婦中・授乳中以外にも体質や健康上の理由からカフェインを控えている方はノンカフェインやカフェインレスの飲み物を選択されています。最近では、コーヒー中のカフェインを90%以上カットしたカフェインレスコーヒー(デカフェとも言われます)も多くみられるようになりました。インスタントコーヒーで一般的なものとカフェインレスのタイプをTG-DTA/GC-MSを用いて測定しました。

リガクの発生ガス分析製品

Thermal analysis microsite

発生ガス分析用ソフトウェア

複合熱分析法によって得られるマトリックスデータを見やすく3次元表示

示差熱天秤-光イオン化質量分析測定システム

発生ガスを高精度に質量分析。分子を壊さずにそのまま計測できる熱分析装置です。

示差熱天秤-ガスクロマトグラフィ質量分析測定システム

熱分析だけでは判断が困難な化学反応情報を、同時に高感度測定できる熱分析装置です。

試料観察型示差熱天秤-ガスクロマトグラフィ質量分析測定システム

試料観察をしながらTG-GCMS測定

示差熱天秤-フーリエ変換赤外分光分析測定システム

多用な要望に柔軟にお応えした特注のカスタマイズの装置も承ります