Skip to main content

デスクトップX線回折装置を用いた 0.01mass%の遊離けい酸の検出

AppNote B-XRD1004: デスクトップX線回折装置を用いた 0.01mass%の遊離けい酸の検出

 

デスクトップX線回折装置を用いた 0.01mass%の遊離けい酸の検出

結晶質シリカの粉じんは国際的にも発がん性物質として認知されています。厚生労働省では、商取引する原料や製品中に結晶質シリカを 0.1 mass% 以上含有する可能性がある場合には、その検査結果を化学物質安全データシート(MSDS)に記載することを義務付けています。一方で非晶質シリカはMSDSへの記載の義務がないため、結晶質シリカのみを迅速かつ確実に分析する方法として、X線回折法が注目されています。ここでは、デスクトップX線回折装置に高速1次元X線検出器を搭載し、極微量の結晶質シリカを検出した例を紹介します。

リガクのX線回折装置(XRD)

全自動多目的X線回折装置 SmartLab

装置が最適条件を教えてくれるガイダンス機能を実現。

全自動多目的X線回折装置 SmartLab SE

リガクの分析ノウハウを凝縮した「ガイダンス」機能を搭載。

小型X線回折装置 MiniFlex XpC

材料品質管理に最適な小型X線回折装置

デスクトップX線回折装置 MiniFlex

卓上タイプの高性能多目的粉末回折分析装置。

試料水平型多目的X線回折装置 Ultima IV

あらゆる用途のための高性能、多目的XRDシステム。

X線分析統合ソフトウェア SmartLab Studio II

測定から解析まで、X線分析のすべてをこなす統合ソフトウェア