Skip to main content

デスクトップX線回折装置を用いた 0.1mass%のアスベストの検出

AppNote B-XRD1006: デスクトップX線回折装置を用いた 0.1mass%のアスベストの検出

 

デスクトップX線回折装置を用いた 0.1mass%のアスベストの検出

建材や天然鉱物試料のアスベスト含有率が0.1 % 以上と判断される場合、JIS A1481や2006年8月28日付の厚生労働省通達に基づき、必要に応じてX線回折法による定量分析を行うことが定められています。これらの文書では、アスベスト含有率が低いと判定された場合は、ギ酸や塩化カリウム溶液による濃縮を行った後にX線回折法による定性分析を行う手順が記載されています。高速1次元X線検出器を用いると、デスクトップX線回折装置を使用する場合でも、0.1 mass%程度の低含有率のアスベストを、特別な前処理を行うことなく検出できます。

リガクのX線回折装置(XRD)

全自動多目的X線回折装置 SmartLab

装置が最適条件を教えてくれるガイダンス機能を実現。

全自動多目的X線回折装置 SmartLab SE

リガクの分析ノウハウを凝縮した「ガイダンス」機能を搭載。

小型X線回折装置 MiniFlex XpC

材料品質管理に最適な小型X線回折装置

デスクトップX線回折装置 MiniFlex

卓上タイプの高性能多目的粉末回折分析装置。

試料水平型多目的X線回折装置 Ultima IV

あらゆる用途のための高性能、多目的XRDシステム。

X線分析統合ソフトウェア SmartLab Studio II

測定から解析まで、X線分析のすべてをこなす統合ソフトウェア