Skip to main content

ゴムの延伸による分子配向

AppNote B-XRD1039: ゴムの延伸による分子配向

 

ゴムを延伸させると延伸方向に沿って分子が配向するため、延伸方向(Mechanical Direction : MD)とそれに直行する方向(Transverse Direction : TD)とではX線回折像の様子に違いが現れます。検出器の走査を行う、0次元、もしくは一次元検出器を使ったX線回折測定では、環状に発生する回折線の一部のみを取り込む形で走査を行うため、分子が配列することにより回折線を得ることが難しい場合があります。一方、二次元検出器を使用したX線回折像の測定では、一度に360度方向の回折像が得られるため、簡便に試料の配向状態を把握することができます。材料が非晶質ならば幅の広いハローと呼ばれるリングが観測されます。結晶質ならば、幅の狭いリングや、配向によってはリングの一部が弧状になって観測されます。

リガクのX線回折装置(XRD)

全自動多目的X線回折装置 SmartLab

装置が最適条件を教えてくれるガイダンス機能を実現。

全自動多目的X線回折装置 SmartLab SE

リガクの分析ノウハウを凝縮した「ガイダンス」機能を搭載。

デスクトップX線回折装置 MiniFlex

卓上タイプの高性能多目的粉末回折分析装置。

試料水平型多目的X線回折装置 Ultima IV

あらゆる用途のための高性能、多目的XRDシステム。