Skip to main content

X線回折装置による油脂の結晶化過程観察

AppNote B-XRD1092: 同時測定による油脂の結晶化過程観察

 

同時測定による油脂の結晶化過程観察

食品、医薬品、化粧品、洗剤に使われている植物性油脂は、脂肪酸3分子とグリセロール1分子からなるトリアシルグリセロール(Triglyceride:TAG)分子で構成されています。TAGの脂肪酸の種類や結晶内の配列により融点の異なる結晶多形が存在し、油脂の基礎物性研究や産業応用ではこの結晶多形現象を把握することが極めて重要と言われています。ここでは、X線回折-示差走査熱量の同時測定を用いて、代表的なTAGであるトリパルミチン(PPP)の結晶化過程を調べました。

リガクのX線回折装置(XRD)

全自動多目的X線回折装置 SmartLab

装置が最適条件を教えてくれるガイダンス機能を実現。

全自動多目的X線回折装置 SmartLab SE

リガクの分析ノウハウを凝縮した「ガイダンス」機能を搭載。

小型X線回折装置 MiniFlex XpC

材料品質管理に最適な小型X線回折装置

デスクトップX線回折装置 MiniFlex

卓上タイプの高性能多目的粉末回折分析装置。

試料水平型多目的X線回折装置 Ultima IV

あらゆる用途のための高性能、多目的XRDシステム。

X線分析統合ソフトウェア SmartLab Studio II

測定から解析まで、X線分析のすべてをこなす統合ソフトウェア