Skip to main content

デスクトップX線回折装置と高速2次元検出器を用いた水和物の脱水挙動の観察

AppNote B-XRD1101: デスクトップX線回折装置と高速2次元検出器を用いた水和物の脱水挙動の観察

 

製造条件や保存安定性の検討のために、物質を加熱・冷却しながらX線回折測定する、in-situ測定のニーズがあります。In-situ測定に2次元検出器を利用すると、(1)素子に検出されたX線強度の時間差積算(TDIスキャン)により短時間で高強度の回折像が得られる、(2)2次元回折像の観察により、粗大粒子や選択配向といった結晶の状態を視覚的に確認できるという利点があります。デスクトップX線回折装置MiniFlexは、2次元検出器HyPix-400 MFと、温調測定が可能なアタッチメントBTSシリーズ(Anton Paar社製)に対応しており、温度変化に伴う物質の結晶相転移や結晶子サイズの変化をリアルタイムで確認することができます。ここでは、BTS 500を用いて(図1)、塩化マグネシウム六水和物(MgCl2・6H2O)の昇温測定を行いました。

 

リガクのX線回折装置(XRD)

全自動多目的X線回折装置 SmartLab

装置が最適条件を教えてくれるガイダンス機能を実現。

全自動多目的X線回折装置 SmartLab SE

リガクの分析ノウハウを凝縮した「ガイダンス」機能を搭載。

デスクトップX線回折装置 MiniFlex

卓上タイプの高性能多目的粉末回折分析装置。

試料水平型多目的X線回折装置 Ultima IV

あらゆる用途のための高性能、多目的XRDシステム。