Skip to main content

もち麦の微小部結晶構造観察

AppNote XRD1134: もち麦の微小部結晶構造観察

 

大麦の種類であるもち麦は、食物繊維が豊富で腸内環境を改善するスーパー食材として注目されています。うるち米は約2:8のアミロースとアミロペクチンの高分子で構成されていることに比べて、もち麦はアミロペクチンが100%を占めているため粘性が高く、いわゆるもちもちした食感を持っています。アミロペクチンは加水や加熱するとコロイド状態になります。これを糊化またはα化と呼びます。糊化したアミロペクチンは、非晶質であるため消化吸収しやすい一方、水分と結合しやすく劣化しやすい状態になります。ここでは、微小部X線回折法を用いて、外皮を削ったもち麦の表層と内部の結晶相を調べた例をご紹介します。

リガクのX線回折装置(XRD)

全自動多目的X線回折装置 SmartLab

装置が最適条件を教えてくれるガイダンス機能を実現。

全自動多目的X線回折装置 SmartLab SE

リガクの分析ノウハウを凝縮した「ガイダンス」機能を搭載。

デスクトップX線回折装置 MiniFlex

卓上タイプの高性能多目的粉末回折分析装置。

試料水平型多目的X線回折装置 Ultima IV

あらゆる用途のための高性能、多目的XRDシステム。