Skip to main content

波長分散型蛍光 X 線分析装置 ZSX Primus IV 樹脂中のフッ素分析

AppNote B-XRF1002: 波長分散型蛍光 X 線分析装置 ZSX Primus IV 樹脂中のフッ素分析

 

ハロゲン元素は、周期表における第17族にあたり、フッ素(F)、塩素(Cl)、臭素(Br)、ヨウ素(I)などが該当します。ハロゲン元素を含む材料・製品は広く使用されており、例えば、フッ素化合物のPTFEやPFAは樹脂、コーティング材として知られています。機能性材料であるフッ素化合物は、耐熱性や対候性などに優れているため、様々な産業で活躍しており、その成分管理の手法の1つとして、固体でそのまま分析が可能な蛍光X線分析が使用されています。今回、樹脂中のフッ素の分析例を紹介します。

リガクのWDXRF製品

波長分散小型蛍光X線分析装置 Supermini200

高出力200Wで広範囲なアプリケーションに対応

走査型蛍光X線分析装置 ZSX Primus IV

(Be)から(Cm)までの主要元素および微量元素の迅速な定量。

走査型蛍光X線分析装置 ZSX Primus IVi

下面照射タイプの走査型蛍光X線分析装置

走査型蛍光X線分析装置 ZSX Primus III+

上面照射方式で粉末試料も安心、生産管理分析に威力を発揮。

多元素同時蛍光X線分析装置 Simultix 15

高精度分析が可能な多元素同時型の蛍光X線分析装置。

走査型蛍光X線分析装置 ZSX Primus 400

大径試料(φ400mm×50mm)をそのまま、多試料にも対応。

卓上波長分散蛍光X線分析計 Mini-Zシリーズ

特定の単一元素の分析用WDXRF分析装置。

蛍光X線硫黄分分析計 Micro-Z ULS

ディーゼル、ガソリン、その他超低レベル硫黄分析用に設計。

波長分散型蛍光X線塩素分分析計
Micro-Z CL

石油製品中の塩素の高感度分析ができる卓上波長分散型蛍光X線分析装置

各種金属めっきやコーティング皮膜の付着量 ・厚みを計測することができます。

懸濁液も測定可能なオーバーフロー型容器を搭載した、蛍光X線方式による液中の元素濃度を計測できるシステムです。