Skip to main content

マイクロX 線CT による鋳巣の可視化とサイズ算出

B-XRI1011: マイクロX 線CT による鋳巣の可視化とサイズ算出

 

鋳造(ダイカスト)では、鋳造品内部に鋳巣と呼ばれる空洞が発生することがあります。鋳型の劣化や、鋳型の変更に伴う湯流れの変化により鋳巣の部位や形状が変化することから、実際の鋳造品で鋳巣の状態確認が求められます。鋳造品をCT撮影することにより内部まで再現した立体画像が得られ、非破壊で鋳巣の位置とサイズを解析できます。ここではマイクロX線CTを用い、鋳造品内部の鋳巣のサイズを解析しました。