Skip to main content

電池・バッテリー

電池・バッテリー

放電に伴う構造変化のその場観察など

リチウムイオン電池の利用範囲は、スマートフォンやタブットPCなどのモバイル機器や、厳しい環境規制に対応する電気自動車やプラグインハイブリッド車の電源供給などに広がっています。リチウムイオン2次電池にはより高い性能が求められており、次世代電池材料の研究が活発に行われています。特に、電動化車両用の2次電池においては、長寿命と安全性が大変重要なポイントとなります。
他の電池システム同様、陰極・陽極の素材がリチウムイオン2次電池の性能を左右する重要な要素です。特に、長寿命化をめざして電池の劣化メカニズムの研究が幅広く進められています。
それらの研究では、陽極、陰極、電解質の相互作用を把握する事が重要です。また、充放電中にどんな反応が起きているかを分析する必要もあります。
もし、充放電過程のXRD分析にご興味がおありでしたら、弊社にご相談下さい。リガクの強力なX線源と、ラミネート電池やボタン電池、全固体電池のオペランド解析に最適な分析機器が、あなたの研究を力強くサポートします。