Skip to main content

創薬

創薬

タンパク質結晶化とX線結晶解析

医学、バイオテクノロジー、薬理学の分野で、創薬とは薬物を発見しデザインするプロセスのことです。 つい最近まで、ほとんどの薬の発見は、伝統的な治療薬から有効成分を特定することや、あるいは単に偶然によって行われてきました。 新しいアプローチ、いわゆる「合理的ドラッグデザイン」を用いた方法では、疾患や感染が分子的、生理学的レベルでどのように制御されているかを解明し、その知識に基づいて特定の実体を標的とするものです。 この重要性を考えたとき、巨大分子および低分子両方の単結晶X線回折構造決定技術の開発において、リガクは最先端にいるといえます。 当社の製品は、結晶化スクリーンから結晶回折スクリーニングまで、また、高分解能データ収集システムから3D構造精密化およびイメージングソフトウェアまで、多岐にわたります。