Skip to main content

危険物探査

有害化学物質による脅威

CBRNe(シーバーン)の脅威

化学物質、爆発物の新たな脅威がますます巧妙化しています。脅威を作り出すための材料やレシピに関する情報がよりアクセスしやすくなったため、もはや犯罪者が脅威を生み出すのに化学の学位など必要なくなりました。 さらに、犯罪者は、粗合成プロセスからの不純物、低品位の前駆体、顔料または染料を加えることによって検出装置による検出から逃れる方法を見つけています。 爆発物が仕掛けられているおそれのある疑わしい荷物や車両に直面する場面において、対応チームなどはかつてないほどに自らを危険にさらさねばならなくなっています。

したがって、すべてのCBRNe対応チームは人命救助上の決定を行うため、危険で有害な化学物質、大量破壊兵器(WMD)、即席爆発物(IED)、自家製爆薬(HME)など想定される脅威を迅速に現場で検出できる、最新、最先端のハンドヘルド化学物質識別装置を装備することが重要です。人命救助の決定を下すためにも現場で(HME)他の信頼できる脅威に対する情報が必要です。

有害物質

家庭や企業で見られる物質でも、適切に廃棄されなければ危険な環境を作り出すことがあります。特に容器が壊れていたり内容が漏れたりしている場合にはなおさらです。 これらの物質は、洗浄剤や農薬などの一般的な家庭用化学物質からフェンタニルなどの違法薬物までさまざまなものである可能性があるため、ファーストレスポンダが現場に踏み込むときに、未知物質の問題に直面することになります。

ファーストレスポンダが、化学的識別を提供するできるだけ多くの機器に簡単にアクセスできる状態でなければなりません。 ハズマットチームが直面する物質のカテゴリは非常に広範囲にわたるため、そのようなさまざまな物質、すなわち違法薬物、麻薬、爆薬、有毒工業用化学物質(TICS)、および前駆体や希釈剤として使われる一般家庭用品などを素早く識別できるツールにアクセスできることが重要です。

リガクの関連装置


携帯型ラマン分光計

ハンドヘルド型ラマン分光計 Progeny ResQ

未知化合物をオンサイトで同定する最先端のシリーズ

ハンドヘルド型ラマン分光計 Progeny ResQ CQL

爆薬、化学兵器、前駆体、違法薬物、有毒物質など迅速分析。