Skip to main content

金属グレードの識別

合金の種類の識別

技術と材料が進化し続け、原材料が乏しくなるにつれて、品質保証と品質管理は産業用途においてますます不可欠なものになってきています。 正確な金属合金の識別は、金属製品のライフサイクルを通して重要といえます。 合金がどのような元素を含むかの情報、すなわち合金の種類は、金属組成の基礎となり、その物理的および機械的特性を決定づけます。 したがって、合金の種類の正確な識別は、金属製品の製造、リサイクルまたは再利用に関わるあらゆる業界にとって不可欠なものとなります。

多くの産業で金属合金の種類の正確な識別が必要とされています。 安全性がミッションクリティカルとなる産業においては、すべての金属ベースの材料、製品、または部品は、製造、組立のためにリリースされる前その元素組成を検証しなければなりません。 法的あるいは社内的安全ポリシーにより、製品またはコンポーネントの設置後、または一定期間使用した後に、合金グレードの再確認が求められることがよくあります。 これは、工業プロセスや環境要因によって特定の元素組成が変化していないことを保証するためのものです。もしそのような変化が起きた場合、その金属製品に悪影響を及ぼし、壊滅的な故障を引き起こして人や環境に害を及ぼすことになる可能性があるためです。 このような産業には、従来型発電所、原子力発電所、製油所、航空、輸送、食品・飲料製造、化学薬品および医薬品の製造などがあります。 この種の検証は、ポジティブマテリアルアイデンティフィケーションまたはPMIと呼ばれます。

金属合金の種類の正確な識別を必要とするもう1つの業界はリサイクル業です。 合金スクラップのリサイクルは、金属価格の変動や金属生産に必要な天然資源の減少によって実証されているように、経済的および環境的に世界的影響を持つ主要産業です。金属リサイクルの取り組みにおける主な供給元は、ほとんどの場合スクラップリサイクルセンターです。 スクラップヤードは、さまざまな供給元からの金属ベースの製品およびコンポーネントを受け入れます。 最大の利益を得るために、リサイクル業者は、スクラップがを鋳造所や製鉄所に転売する前に、スクラップの元素組成を測定して合金の種類によって正確に分離する必要があります。 この種の作業は合金スクラップソーティングとして知られています。

現代の金属生産の増え続ける需要を満たすために、KT-100SハンドヘルドLIBS金属分析計は、迅速かつ正確な合金の種類の識別と元素組成検証のための手段を提供するデザインされています。 この装置は最新のハンドヘルド技術のトレンドであるレーザー誘起ブレークダウン分光法(LIBS)を利用しています。 KT-100Sは、マグネシウム、シリコン、リチウムなど、多くのアルミニウム合金種類において重要な軽合金元素の測定に非常に適した最先端の装置です。

リガクの関連装置


携帯型LIBS

レーザー式合金判別用成分分析計 KT-100S

迅速で正確な合金識別用ハンドヘルドメタルアナライザ