Skip to main content

ポリマーと繊維

ポリマーと繊維

添加剤、結晶化度、および配向性

多くのプラスチックポリマーおよび繊維はある程度の秩序を持っており、そのためX線回折法によって識別や研究が行われます。 これらのポリマーは、少なくとも部分的に、結晶質または不完全な秩序構造を持つ擬結晶質になっており、そのため回折ピークを生じます。 ポリマー中の結晶化度や配向性は、X線回折法で評価することができます。 この結晶/非晶質比はしばしば加工方法に関連し、ポリマー化学において非常に重要なパラメータとなります。 他にも、プラスチックやポリマーの研究・製造におけるXRDの用途として、単位格子の種類および格子定数の決定、微細構造の決定、ならびに極点図による結晶方位の決定などがあります。

有害化合物や有毒物質による潜在的な危険性を回避するため、ポリマー中の化合物は国内および国際的な規制を満たすよう、開発および製造を通して厳密に管理されなければなりません。 有害物質規制(RoHS)や使用済み車両規制(ELV)の指令には、健康や環境への潜在的なリスクを低減するため、カドミウム(Cd)、水銀(Hg)、鉛(Pb)、六価(VI)クロム(Cr)、ポリ臭素化(Br)難燃剤(PBBおよびPBDE)の使用に関する規制が含まれています。ポリマーの研究開発および製造におけるあらゆるタスクにわたり、蛍光X線(XRF)分析法は、前述の添加物のほか、アンチモン、バリウム、カルシウム、銅、リン、チタン、亜鉛など、ナトリウムからウランまでのすべての元素の同定および定量測定を行うことができます。

リガクの関連装置


X線回折装置(XRD)

全自動多目的X線回折装置 SmartLab SE

リガクの分析ノウハウを凝縮した「ガイダンス」機能を搭載。

デスクトップX線回折装置 MiniFlex

卓上タイプの高性能多目的粉末回折分析装置。

試料水平型多目的X線回折装置 Ultima IV

あらゆる用途のための高性能、多目的XRDシステム。

波長分散蛍光X線分析装置

波長分散小型蛍光X線分析装置 Supermini200

高出力200Wで広範囲なアプリケーションに対応

小角散乱測定装置(SAXS)

小角X線散乱(SAXS)Kratky カメラシステム NanoMAX

最新の2D - Kratky システム