Skip to main content

空孔径分布

空孔径分布

XRD / SAXSによる空孔径決定

空孔率と表面積は、触媒、吸着剤、ナノ粒子、low-k誘電膜、医薬品など、多くの先端材料の特性と性能を大きく左右する固体材料の重要な特性です。 空孔に関連した特性分析のためにさまざまな技術が用いられますが、X線回折(XRD)およびその関連手法である小角X線散乱(SAXS)には、非破壊的であるという利点があります。SAXSは、10Å未満の空孔径も決定することができます。

リガクの関連装置


X線回折装置(XRD)

全自動多目的X線回折装置 SmartLab

装置が最適条件を教えてくれるガイダンス機能を実現。

全自動多目的X線回折装置 SmartLab SE

リガクの分析ノウハウを凝縮した「ガイダンス」機能を搭載。

試料水平型多目的X線回折装置 Ultima IV

あらゆる用途のための高性能、多目的XRDシステム。