Skip to main content

定性分析

定性分析

材料の根本的な特性を明らかに

分析化学は2つの主なタイプに分けられます: つまり定性分析と定量分析です。定性分析における目的は、サンプル中の特定の元素、化合物、または相の存在を確認することです。 同様に、定性的な有機分析または生化学分析では、試料中のある官能基、有機化合物、またはリガンドの存在を確かめようとするものです。 一方、定量分析は、サンプル中の特定の元素、化合物、またはその他の成分の量を知ることを目的とするものです。

定性化学分析は、有機および無機物質を分析する方法の一つです。 分析用X線装置の分野では、未知のサンプル中の元素、化合物、および相を特定する機器分析の一分野です。 それは、サンプルの構成成分の量の測定には注目するのではなく、材料の元素組成や化学組成のほか、結晶方位分布、原子構造および構造の乱れなどの要因に注目するものです。 定性化学分析は、医療および犯罪学の分野でもその主な用途があります。

リガクの関連装置


X線回折装置(XRD)

全自動多目的X線回折装置 SmartLab

装置が最適条件を教えてくれるガイダンス機能を実現。

全自動多目的X線回折装置 SmartLab SE

リガクの分析ノウハウを凝縮した「ガイダンス」機能を搭載。

デスクトップX線回折装置 MiniFlex

卓上タイプの高性能多目的粉末回折分析装置。

試料水平型多目的X線回折装置 Ultima IV

あらゆる用途のための高性能、多目的XRDシステム。

波長分散蛍光X線分析装置

走査型蛍光X線分析装置 ZSX Primus IV

(Be)から(U)までの主要元素および微量元素の迅速な定量。

走査型蛍光X線分析装置 ZSX Primus IVi

下面照射タイプの走査型蛍光X線分析装置

走査型蛍光X線分析装置 ZSX Primus III+

上面照射方式で粉末試料も安心、生産管理分析に威力を発揮。

波長分散小型蛍光X線分析装置 Supermini200

高出力200Wで広範囲なアプリケーションに対応

走査型蛍光X線分析装置 ZSX Primus 400

大径試料(φ400mm×50mm)をそのまま、多試料にも対応。

エネルギー分散蛍光X線分析装置

エネルギー分散型蛍光X線分析装置 NEX CG

環境分析や産業廃棄物、リサイクル原料等の広範囲に対応。

エネルギー分散型蛍光X線分析装置 NEX DE

ppmオーダーから主成分の元素分析が行えます。

エネルギー分散型蛍光X線分析装置 NEX QC+ QuantEZ

半定量分析等,高機能ソフトウェアを搭載したPCモデル.。