Skip to main content

定量分析

定量分析

サンプルの構成要素の成分の量は?

分析化学は、定性的と定量的という2つの主なタイプに分けられます。 定性分析では、目的はサンプル中の特定の元素、化合物、または相の存在を確認することです。 同様に、定性的有機または生化学分析は、試料中の所与の官能基、有機化合物、またはリガンドの存在を確立しようとしている。 対照的に、定量分析は、サンプル中の特定の元素、化合物、またはその他の成分の量を確定しようとします。

蛍光X線(XRF)では、電子は、X線管からのX線(光子)の吸収によってその原子軌道から放出され得る。 内部軌道電子が放出されると、より高いエネルギーの電子が空孔を埋めるために移動します。 この遷移中に、原子の種類ごとに固有のエネルギーの特性光子が放出されることがあります。 単位時間当たりの特徴的な光子の数(秒当たりのカウント数またはcps)は、試料中のその元素の量に比例する。 従って、定性的および定量的元素分析は、試料スペクトル中のX線ピークのエネルギーを決定しそしてそれらに関連する計数率を測定することにより得られます。

X線回折(XRD)パターンはピーク位置および強度に関する情報を含む。 ピーク位置は、結晶構造および寄与する相の対称性を示し、ピーク強度は、相の結晶構造内の各平面からの全散乱を反映し、構造内の特定の原子の分布に直接依存します。 リートベルト定量分析は、多相混合物中の結晶質および非晶質成分の量を決定するための強力な方法です。

リガクの関連装置


X線回折装置(XRD)

全自動多目的X線回折装置 SmartLab

装置が最適条件を教えてくれるガイダンス機能を実現。

全自動多目的X線回折装置 SmartLab SE

リガクの分析ノウハウを凝縮した「ガイダンス」機能を搭載。

デスクトップX線回折装置 MiniFlex

卓上タイプの高性能多目的粉末回折分析装置。

試料水平型多目的X線回折装置 Ultima IV

あらゆる用途のための高性能、多目的XRDシステム。

波長分散蛍光X線分析装置

走査型蛍光X線分析装置 ZSX Primus IV

(Be)から(U)までの主要元素および微量元素の迅速な定量。

走査型蛍光X線分析装置 ZSX Primus IVi

下面照射タイプの走査型蛍光X線分析装置

走査型蛍光X線分析装置 ZSX Primus III+

上面照射方式で粉末試料も安心、生産管理分析に威力を発揮。

波長分散小型蛍光X線分析装置 Supermini200

高出力200Wで広範囲なアプリケーションに対応

多元素同時蛍光X線分析装置 Simultix 15

高精度分析が可能な多元素同時型の蛍光X線分析装置。

走査型蛍光X線分析装置 ZSX Primus 400

大径試料(φ400mm×50mm)をそのまま、多試料にも対応。

エネルギー分散蛍光X線分析装置

エネルギー分散型蛍光X線分析装置 NEX CG

環境分析や産業廃棄物、リサイクル原料等の広範囲に対応。

エネルギー分散型蛍光X線分析装置 NEX DE

ppmオーダーから主成分の元素分析が行えます。

エネルギー分散型蛍光X線分析装置 NEX QC+ QuantEZ

半定量分析等,高機能ソフトウェアを搭載したPCモデル.。
 

エネルギー分散型蛍光X線分析装置 NEX QC

NaからUまで定量分析(検量線法)ができます。

熱分析装置

Thermo plus EVO2 示差熱天秤 試料観察TG-DTA

熱分析を実行しながら視覚的に試料変化を観察できる示差熱天秤です。

 

Thermo plus EVO2 水蒸気雰囲気示差熱天秤 TG-DTA/HUM-1

示差熱天秤と水蒸気発生装置を組み合わせて水蒸気雰囲気でTG-DTA測定を行う装置です。

 

Thermo plus EVO2 示差熱天秤 TG-DTA

TG(熱重量分析)とDTA(示差熱分析)の同時測定装置。

 

Thermo plus EVO2 試料自動交換機付TG-DTA TG-DTA Smart loader

24試料までセットが可能なオートサンプルチェンジャー付きTG-DTAです。