Skip to main content

石油中の硫黄分析

石油中の硫黄分析

デスクトップXRFまたはプロセスXRT / XRAによる硫黄の分析

石油精製の高度化により精製、輸送、小売まで、石油産業のほぼあらゆる面に硫黄分析の必要性は高くリガクは、すべての典型的な硫黄用途にX線ベースの分析ソリューションを提供しています。

蒸留物、ディーゼル、重質燃料、原油および船舶用燃料中の硫黄

リガク NEX QCデスクトップEDXRFは、ASTM D4294硫黄メソッド(ISO 20847、ISO 8754、IP 496、IP 336、およびJIS K 2541-4)への準拠を、堅牢なパッケージに内蔵の操作しやすく習得しやすいソフトウェアインタフェースで提供します。石油産業用に設計されています。 原油、重質燃料、バンカー燃料を含む石油中の硫黄の日常的な測定のアップグレードと操作に最適化されたこの機器は、直感的で「アイコン駆動」タッチスクリーン、操作が簡単なスマートフォンスタイルのインターフェース、内蔵サーマルを備えています。プリンターも内蔵。 プロセス計測のために、リガク NEX XT X線透過(XRT)分析装置はリアルタイムの硫黄測定を提供します。 重油または軽油中の硫黄のオンラインリアルタイム測定は、製油所、パイプライン、混合作業、燃料補給ターミナルおよび他の貯蔵施設の要求に応えます。

超低硫黄軽油(ULSD)およびその他の燃料油

新しいリガク NEX QC +デスクトップEDXRF装置は、ULSD用のISO 13032硫黄計測メソッドに準拠しており、高性能なリガク NEX CGデスクトップEDXRFは、ULSD用のASTM D7220計測メソッドに準拠しています。

硫黄だけでなく、NaからUまでのその他の元素の分析

すべてのリガク EDXRF分析装置は、多元素分析機能を備えています。 例えば、リガク NEX QCは硫黄以外のものも測定することができます。 多元素分析は、塩などの塩素含有化合物の存在に基づく原油の汚染または混ぜ物の検出に重要です。 検出作業を行わなかった場合、Clの存在はSの読みを高く偏らせ、Cl自体の存在に気付くことができない場合があります。 NEX QCは、Clおよび他の元素を検出できるため、Cl分を補正することでSの読みの偏りを防ぐことができます。

リガクの関連装置


波長分散蛍光X線分析装置

波長分散小型蛍光X線分析装置 Supermini200

高出力200Wで広範囲なアプリケーションに対応

卓上波長分散蛍光X線分析計 Mini-Zシリーズ

特定の単一元素の分析用WDXRF分析装置。

蛍光X線硫黄分分析計 Micro-Z ULS

ディーゼル、ガソリン、その他超低レベル硫黄分析用に設計。