Skip to main content

金属・合金

金属および合金

元素分析、相解析および残留応力測定

鋳物工場、製錬所、金属加工工場などの金属産業界の特徴は、工程管理と受入、出荷品質管理の両方が日夜問わず必要となる連続生産を行うことにあります。この業界における工程管理には、 蛍光X線分析(XRF)が最も主要な役割を果たしています。 そのスピードと精度のため、ハイスループット化学分析が必要とされるこの業界の工程管理には、XRFが好適な試験方法とされているのです。 合金の化学量論以外にも、金属の重要な特徴として、構造欠陥と関連する残留応力があります。その残留応力を非破壊的かつ正確に測定するための唯一の方法がX線回折(XRD)です。 XRDは、優れた空間分解能および金属中の相の測定する能力を備え、非接触で測定を行うことができます。


リガクはまた、レーザー誘起ブレークダウン分光法(LIBS)ハンドヘルド製品、Katanaを提供しています。 LIBSは、高エネルギーレーザーパルスを励起源として使用する一種の原子発光分光法です。 レーザーはプラズマを形成するために集束され、それは試料を原子に分解したうえで励起し、試料中の元素の特徴的なスペクトルを放出させます。

リガクの関連装置


波長分散蛍光X線分析装置

波長分散小型蛍光X線分析装置 Supermini200

高出力200Wで広範囲なアプリケーションに対応

走査型蛍光X線分析装置 ZSX Primus III+

上面照射方式で粉末試料も安心、生産管理分析に威力を発揮。

多元素同時蛍光X線分析装置 Simultix 15

高精度分析が可能な多元素同時型の蛍光X線分析装置。

携帯型LIBS

レーザー式合金判別用成分分析計 KT-100S

迅速で正確な合金識別用ハンドヘルドメタルアナライザ

エネルギー分散蛍光X線分析装置

エネルギー分散型蛍光X線分析装置 NEX DE

ppmオーダーから主成分の元素分析が行えます。

エネルギー分散型蛍光X線分析装置 NEX QC+ QuantEZ

半定量分析等,高機能ソフトウェアを搭載したPCモデル.。
 

エネルギー分散型蛍光X線分析装置 NEX CG

環境分析や産業廃棄物、リサイクル原料等の広範囲に対応。

X線CT・X線顕微鏡

工業用据置型 3DマイクロX線CT CT Lab GX90/GX130

「最速8秒CT撮影」「最高分解能4.5 µm」「ワイドビューイメージング機能」

残留応力・歪測定装置

可搬型X線応力測定装置 SmartSite RS

可搬型で内径200mmの円筒内部の応力測定が可能。

携帯型成分分析計(Niton)

Niton 携帯型成分分析計 XL2/XL3t/XL5シリーズ(合金・純金属用)

微量元素・軽元素対応機種がさらに高感度化され、驚異的なスピードで元素の定量・合金種判定が可能

アプリケーション・ノート

関連するアプリケーションノートをご紹介します


EDXRF

X線回折装置(XRD)

XRD

WDXRF

XRD, Stress

LIBS

Process

Thermal Analysis

熱分析装置