Skip to main content

安全とセキュリティ

安全とセキュリティ

安全とセキュリティに対する脅威の分析は、新たな脅威が出現し続けるにつれて進化を続けています。 社会を保護する上で、ファーストレスポンダ、警察当局、税関当局、および軍事機関が、非常に重要な役割を果たしています。 違法薬物の持ち込みを水際で防ぐこと、CBRNE攻撃を受けたおそれのある地域に住民を戻すこと、危険な合成オピオイドを街から排除することなど、目的はさまざまでも、このような安全・セキュリティ関連機関の職員は日々活躍されています。

警察・法執行機関

フェンタニルなどの合成ドラッグは、驚くべき速度でストリートマーケットに入り込んでいます。 規制物質の密売や使用に対する世界的な闘いの勝敗は、法執行機関が迅速な薬物同定行う能力にかかっています。 捜査活動や警官の安全がかかっている場面では、フィールドテストキットのもたらす薬物識別結果に間違いは許されません。

ハズマット/ファーストレスポンダ

有害・危険な化学物質が入手しやすくなることで、ハズマットチームの活動はより困難になっています。 「未知物質」に対応するという場面でファーストレスポンダの前にあるのは、単に怪しい臭いのする、ラベルの付いていない容器に入った家庭用洗剤といった単純なものである場合もあれば、実際に危険な爆薬の先躯体となる白い粉であることもあります。このような広範な脅威にさらされているということは、ファーストレスポンダの行動いかんにより、公衆の衛生や安全が大きく影響される可能性があることを意味します。

軍事機関/ EOD(爆発物処理)

テロ集団は、大量破壊を引き起こすため、化学兵器(CWA)や即席爆発装置(IED)を使用することが知られています。 軍事作戦任務は、このような化学的、生物学的、放射線学的、核物質および爆発物(CBRNE)の脅威への対応を行います。 これらの危険なシナリオに対して正確でタイムリーな対応をすることは、大変な作業です。

国境警備/国土安全保障

規制物質の密輸を国境で防ぐことには、さまざまな機関が関与しています。 疑わしい荷物、車両、および旅行者は、疑わしいまたは実際の脅威を識別、診断して差し止めるため、さまざまな検査ツールや手法がもちいられます。

交通セキュリティ

航空やその他の輸送手段に対して、さまざまな脅威が新たに生まれ、また進化を続けています。世界中の空港、航空会社、警備事業者はこのような脅威に迅速に対抗するために高度な技術を必要としています。 新しいセキュリティ対策が実施されるごとに、セキュリティ強化とスクリーニング作業柔軟化のために最先端の堅牢な分析ツールが必要となります。

リガクの関連装置


携帯型ラマン分光計

ハンドヘルド型ラマン分光計 Progeny

固体、粉末、液体、その他の物質を実験室品質で分析。

ハンドヘルド型ラマン分光計 Progeny ResQ

未知化合物をオンサイトで同定する最先端のシリーズ

ハンドヘルド型ラマン分光計 Progeny ResQ CQL

爆薬、化学兵器、前駆体、違法薬物、有毒物質など迅速分析。

X線非破壊検査装置

携帯型後方散乱X線撮像装置 HEURESIS HBI-120

管電圧120kVと高いエネルギーで2mm厚の鉄板も透過し内部を観察