Skip to main content

VariMax

VariMax
  • ビーム強度を最大化するために長さが増加した段階的な多層膜 X線集光光学系。
  • 最適なビーム純度を実現するダブルバウンスビームジオメトリ
  • X線ビームの発散を微調整し、最適なスポット分離を可能にする特許取得済みの連続調整可能な発散スリット
  • RigakuマイクロフォーカスX線発生装置と組み合わせたときに最大のパフォーマンスを達成するように設計
  • Cu、Cr、Mo、AgまたはCo線源選択

人工多層膜 X線集光ミラー

単結晶X線回折のためにX線ビームを集束および単色化します

VariMax

リガクVariMax光学系は、最新世代の集光Max-Flux®(CMF)光学系です。実験室ラボ用X線源で発散を調整できる強力な単色X線ビームを提供します。

VariMax光学系は他の多層膜 X線集光光学系に比べて長いため、マイクロフォーカスジェネレーターからのより多くのX線ビームを捉えることができ、より高いフラックスを実現します。特許取得済みの連続的に調整可能な発散スリットにより、ユーザーはさまざまな種類の結晶の最適なスポット分離のために、X線ビームを微調整できます。

VariMax光学系のさまざまなモデルは、小さくて弱く回折する結晶の分析から、長い単位セル長を持つ結晶や、ラボでのSAD位相調整実験の特定の波長の必要性まで、さまざまな用途に利用できます。高光束、優れたスペクトル純度、均一なビームプロファイル、調整可能な発散により、VariMax光学系は単結晶回折実験に最適です。

 

Specifications

製品名 VariMax
手法 X線ビームを集束および単色化
用途 単結晶構造解析のためにX線ビームを集束および単色化します
テクノロジー 人工多層膜 X線集光光学系
主要コンポーネント 連続的に調整可能な発散スリット
オプション Cu、Cr、Mo、AgまたはCo線源の選択
制御(PC)  
本体寸法 構成による
質量 構成による
電源