Skip to main content

VariMax DW

VariMax DW
  • 最大ビーム強度のために長さを増やした段階的な多層膜集光光学系
  • 最適なビーム純度を実現するダブルバウンスビームジオメトリ
  • X線ビームの発散を微調整し、最適なスポット分離を可能にする特許取得済みの連続調整可能な発散スリット
  • Cu、Cr、Mo、Ag、Co線源の中から2つの異なる波長を選択可能

2波長X線光学系

単結晶X線回折用途に2つの異なるX線波長に焦点を合わせて単色化します

VariMax DW optic

単結晶X線回折用途向けに2つの異なるX線波長に焦点を合わせて単色化します。VariMax DW 2波長X線光学系は、Cu、Cr、Mo、Ag、またはCo線源から選択された異なる波長用にそれぞれ設計された2つのVariMax光学系を組み合わせます。

VariMax光学系は他の多層膜光学系に比べて長いため、マイクロフォーカスジェネレーターからのより多くのX線ビームを捉えることができ、より高いフラックスを実現します。特許取得済みの連続的に調整可能な発散スリットにより、ユーザーはさまざまな種類の結晶の最適なスポット分離のために、X線ビーム発散を微調整できます。2つのVariMax光学系の組み合わせにより、Cu放射線などの高分解能データには短波長を使用し、Cr放射線などのSADフェージング試行には長波長を使用できます。2つの異なる波長で単結晶で収集されたデータにより、MADの位相調整も可能になります。

Specifications

製品名 VariMax DW
手法 X線ビームの集束および単色化
用途 2つの異なるX線波長に焦点を合わせて単色化します
テクノロジー 人工多層膜X線集光光学系
主要コンポーネント 連続的に調整可能な発散スリット
オプション Cu、Cr、Mo、Ag、Co線源の中から2つの異なる波長を選択可能
制御(PC)  
本体寸法 構成によります
質量 構成によります
電源