Skip to main content

「環状ペプチドのヒト血清アルブミンに対する結合様式を解明」長岡工業高等専門学校、東京大学、東京工業大学、理化学研究所、AMEDとの共同研究成果がJournal of Medicinal Chemistry誌に掲載されました。

論文掲載:Journal of Medicinal Chemistry

発表先:Journal of Medicinal Chemistry

公開日:日本標準時2020年11月13日(金)17時(グリニッジ標準時2020年11月13日(金)8時)

論文タイトル:Structural Basis for the Binding Mechanism of Human Serum Albumin Complexed with Cyclic Peptide Dalbavancin
(環状ペプチド医薬品ダルババンシンのアルブミンへの結合に関する構造基盤)

DOI:10.1021/acs.jmedchem.0c01578

要旨:環状ペプチド医薬品であるダルババンシンと血漿タンパク質であるヒト血清アルブミンの複合体結晶構造を解明しました。

長岡工業高等専門学校電気電子システム工学科の和久井直樹助教、東京大学大学院工 学系研究科化学生命工学専攻博士課程の妹尾暁暢氏、東京大学大学院工学系研究科バイ オエンジニアリング専攻/化学生命工学専攻の津本浩平教授、東京大学医科学研究所/東京大学大学院工学系研究科バイオエンジニアリング専攻の長門石曉特任准教授、東京工業大学情報理工学院情報工学系の大上雅史助教、理化学研究所放射光科学研究センターの 山本雅貴グループディレクター、株式会社リガクらの研究グループは、環状ペプチド医薬品であるダルババンシンと血漿タンパク質であるヒト血清アルブミンの複合体結晶構造を解明 しました。


プレスリリース本文
環状ペプチドのヒト血清アルブミンに対する結合様式を解明~環状ペプチド創薬の加速に期待~

 

ここに掲載されている内容はすべて発表日現在の情報です。ご覧いただいている
時点で、予告なく変更されていることがありますので、あらかじめご了承ください。