Skip to main content
PILATUS3 R Detectors
  • 直接検出
  • 優れたポイントスプレッド機能 - シルクハット
  • 単一光子計数による優れたSN比
  • 蛍光を抑制するための調整可能なしきい値
  • 高ダイナミックレンジ:1ピクセルあたり1,048,576:1フォトン
  • 高い計数率:1ピクセルあたり1秒あたり最大2x10 6光子
  • 短い読み出し時間:7ミリ秒
  • 1秒あたり最大20画像のフレームレート
  • 電子的にゲート可能
  • 耐放射線設計
  • 他のPILATUS3 Rフォーマット検出器が利用可能:PILATUS3 R 300K、PILATUS3 R 1M

フォトンカウンティングX線検出器

タンパク質結晶学応用のためのX線検出器

PILATUS3 R

Rigaku Oxford Diffractionは、単結晶システム用のオプションの検出器としてPILATUS 3 R 200Kを提供しています。 PILATUS 3 R 検出器は、タンパク質結晶学に適した検出器にするために、以下の機能を組み合わせたフォトンカウンティングデバイスです。

  • 最高の感度
  • 最低の読み出しノイズ
  • 最速の読み出し時間
  • 最低点広がり関数
  • 完全空冷でメンテナンスフリー

小規模または弱回折のサンプルのデータを収集する場合でも、S-SADフェージングのデータを収集する場合でも、PILATUS 3 R 検出器で構成されたRigaku Oxford回折システムは、サンプルの最も正確なデータ収集を保証します。 PILATUS 3 R 200Kは、特にACTOR自動サンプルチェンジャーと組み合わせると、ハイスループットスクリーニングやリガンド結合研究にも理想的です。

Why the HPAD detector?

単結晶回折計で現在使用されている検出器には基本的に4つのタイプがあります。HPAD、CCD、CMOS、およびIPです。HPADは最新技術であり、蛍光体を用いて光子を光に変換する中間ステップなしにX線光子を直接検出する光子計数検出器であるという点で独特である。 HPAD検出器は、極めて速い読み出しのためにシャッターなしのデータ収集を可能にする。 この機能は、従来のデータ収集と常に関連しているシャッタタイミングおよびゴニオメータの停止/開始から生じる回折データのエラーを排除し、データ収集時間を最小にします。 さらに、非常に低いノイズ特性により、信号を電子ノイズで湿らせることなく、回折が不十分なサンプルを長期間カウントすることができます。 これらの機能の組み合わせは、より良いデータをより早く収集することを可能にします。

Specifications

製品名 PILATUS3 R
手法 タンパク質単結晶X線回折
用途 高分子の結晶構造解析
テクノロジー HPADテクノロジー検出器
主要コンポーネント 直接検出、高ダイナミックレンジ、優れた点像分布関数
オプション  
制御(PC) 外部PC(フレームグラバーPC), MS Windows® OS, 
本体寸法  
質量  
電源