Skip to main content
TPD type R Photo
  • 画期的なイオン化法を採用
    フラグメントフリーな光ソフトイオン化方式を採用しました。

    光ソフトイオン化法の原理
    光を分子(M)に向けて照射したとき、その光子エネルギー(E=hv)が分子のイオン化エネルギーよりも大きい場合、分子は光電子を放出し、イオン化を起します。
    M+hv → M++e

    本装置では、10eV程度の光子エネルギーをもつ真空紫外光を、イオン化源として採用しています。
  • 理想的なガス導入インターフェース
    ガス導入機構に、ジェットセパレータ原理に基づく二重オリフィス構造のスキマー方式を採用し、高反応性ガスも高感度にキャッチします。
     
  • イオン化モード選択可能
    電子衝撃イオン化(EI)法と光イオン化(PI)法とのモード選択が可能です。
     
  • さまざまな試料形態に対応
    粉体、バルク、基板状などさまざまな試料形態に対応しています。
     
  • 正確な温度計測
    熱分析専門メーカーとして実績ある温度制御技術により、正確な温度計測を達成しています。
     
  • TICスキャンモードを標準装備
    全発生ガスを検出するTICスキャンモードを標準装備していますので、予期せぬ発生ガスも高感度にキャッチします。

昇温脱離ガス分析装置

多成分ガスが同時生成する場合でも、リアルタイムにガスを弁別分析

特定雰囲気ガスフロー下での反応生成ガスの分析に用いられます。セラミックス材料からの脱ガスや反応ガス、触媒材料の評価に最適です。

加熱時発生ガス質量分析(EGA-MS)の長年の課題を克服した、画期的なイオン化法を採用しました。ガス検出部で分子を壊さずにそのまま計測できます。発生ガスを高精度に質量分析計に導入するための理想的なスキマー型ガス導入インターフェースと、フラグメントフリーな光ソフトイオン化技術のコンビネーション*により、多成分ガスが同時生成する場合でも、リアルタイムにガスを弁別分析します。
*浜松ホトニクス株式会社との共同開発による

ソフトウェア

一目で脱ガス挙動が観測可能

3次元マトリックスデータ表示を、あらゆる角度から自由に操作(360°回転)でき、一目で広い温度範囲での脱ガス挙動が観測できます。

 

マウスで簡単操作

マウスのカーソル操作で、任意温度のマススペクトルや任意質量数のイオンクロマトグラムの2次元データを選択、抽出することができます。

 

熱分析データとMSデータの多重表示

熱分析データ(TG-DTA)とイオンクロマトグラムの多重表示が、質量数イオンをマウスで直接「ドラッグ&ドロップ」操作するだけで簡単に行えます。

 

スナップショット機能

3次元データを表示、操作するだけでなく、任意角度、任意温度から選択、抽出されたマススペクトルやイオンクロマトグラムをビットマップイメージで収納、管理できる「スナップショット機能」を設けました。

 

マススペクトルの自動定性分析

任意温度で選択されたマススペクトルは、そのままNIST-MSライブラリ検索ソフトウェア(オプション)にリンクして、自動的に定性分析が実行できます。

 

Thermo Plus/発生ガス分析装置シリーズ、同時示差熱天秤-質量分析(Thermo Mass)ならびに昇温脱離ガス分析(TPDシリーズ)の測定データをそのままロード、解析することができます。

3Dソフトウェア
複合熱分析法によって得られるマトリックスデータを見やすく3次元表示し、様々な角度からの2次元データの選択、抽出を可能にします。 データの解析、評価をスピーディに行うことができます。