Skip to main content
RF-2522CP

 

CPシリーズは最新のインバーター技術と独自の高電圧技術により、「小型・軽量化」「高い透過能力」および「省エネ」を実現しました。
従来のパルス方式と異なるエネルギー変換効率が高いコンスタントポテンシャル方式を採用しているので、短時間で厚い被写体の透過検査が可能です。
CPシリーズは検査効率の向上とフィールド検査でのオペレーターの負担軽減に貢献します。

インバーター方式工業用ポータブルX線装置 RF-2522CP

最新のインバーター技術と独自の高電圧技術により、「小型・軽量化」「高い透過能力」および「省エネ」を実現

 

高い透過能力

管電圧220kV で従来機の250kVの並みの鉄厚透過が可能です。

小型・軽量

従来比*約16.2kgの軽量化を実現しました。

連続使用

最大30分の連続照射が可能です。(従来機は10分)

多様な入力電源

入力電源が90~250Vとフレキシブルで、AC100V/AC200Vのいずれにも対応します。

省エネ

消費電力は従来比約40%減の1.5kVAです(従来機は3.7kVA)。

*RF-250EGM2の総重量との比較

諸元/仕様

製品名(モデル名) RF-2522CP
管電圧 80kV~220kV(1kVステップ可変)
管電流 3.0mA(固定)
X線管焦点寸法 メタルセラミックスX線管 2.5mm×2.5mm(JIS)
電源 単相交流90V~250V(50/60Hz)*1
電源容量 1.5kVA
タイマ設定 1秒~30分00秒(1秒ステップ)
寸法 発生器 267mm(W) × 267mm(D) × 655mm(H)
制御器 340mm(W) × 320mm(D) × 150mm(H)
質量 発生器 20.4kg
制御器 10.4kg
 *1 電源品質、電源ケーブルの長さなどの諸条件により、AC90Vでの使用が出来ない場合があります。