Skip to main content
BioSAXS-2000nano

 

X線小角散乱法によるタンパク質の溶液状態での構造解析用装置です。結晶化を必要としないため、in vivo により近い状態での測定・解析が可能です。

生体高分子用X線小角散乱装置

X線小角散乱法によるタンパク質の溶液状態での構造解析用装置

 

2D Kratky光学系を採用

BioSAXS-2000は、人工多層膜集光光学系と2D Kratky光学系の組み合わせで構成されます。検出器位置集光設計により、試料キャピラリー位置では広い試料範囲にX線を照射することが可能となり、生体高分子回折実験に必須である高感度と回折像のシャープさを両立しました。これにより、数十分から数時間の測定で、タンパク質の会合状態や溶液構造を解析するのに十分な精度をもつデータの取得が可能です。

コンピューター制御で測定条件を簡単に最適化

ソフトウェア SAXSLab により、クラツキーブロックやビームストップ、スリット、サンプルホルダーなどをコンピューターから制御できるため、個々の試料条件に合った最適な測定条件に容易に設定できます。

各種X線源と組み合わせ可能

超高輝度微小焦点回転対陰極型X線発生装置の他、試料の特性に応じて超高強度x線発生装置との組み合わせが可能です。また、既存の各種マイクロフォーカスX線源と組み合わせることも可能です。

自動サンプルチェンジャーに対応

オプションの96ウェル自動サンプルチェンジャーと組み合わせることで、サンプルのロード、アンロード、セルの洗浄等の測定サイクルを自動化できます。

諸元/仕様

製品名 BioSAXS-2000nano
手法 X線小角散乱法
用途 構造特性解析
テクノロジー 人工多層膜集光光学系+2D Kratky 光学系
主要コンポーネント OptiSAXS光学素子、2D Kratky コリメーションカメラ
オプション ATSASに基づく自動サンプルチェンジャー、自動分析パイプライン(AAP)
制御(PC) 外部PC、MS Windows® OS
寸法 構成によって異なります
質量 構成によって異なります
電源 構成によって異なります