Skip to main content
XtaLAB Synergy-ED
特徴
  • データ測定から結晶構造の決定まで、シームレスなワークフローを提供する電子回折統合プラットフォームです。
  • ナノサイズの結晶が測定可能である電子回折の強みを生かし、数百ナノメートルあるいはそれ以下の微結晶でも構造を決定することができます。
  • 電子回折専用装置であるため、電子顕微鏡研究者との干渉もなく効率的です。高分解能透過型電子顕微鏡用のセッティングと電子回折用のセッティングの切り替えに必要なムダな時間を排除することにつながります。
  • これまで単結晶X線構造解析を利用してきた研究者であれば、すぐに使い始めることができます。電子顕微鏡への習熟は不要です。

電子回折統合プラットフォーム

化学者や結晶学者がすぐに使える電子回折による構造解析統合プラットホーム

XtaLAB Synergy-ED

新たに開発されたサブミクロン結晶用電子回折統合プラットフォームです。データ測定から三次元分子構造の決定まで、シームレスなワークフローを提供します。XtaLAB Synergy-ED は、リガクと日本電子のコア技術の有機的な統合の結果です。リガクの高速高感度検出器HyPix-EDと、測定から構造解析までを包括するソフトウェアCrysAlisPro ED、日本電子において長年にわたり磨き上げられてきた、電子線発生・制御技術が、有機的に統合されています。

本製品のカギとなる特徴は、あらゆる研究者が気軽に電子回折構造解析を行えるプラットフォームであるという点です。The XtaLAB Synergy-EDは、電子顕微鏡に精通していない化学者や結晶学者でも、すぐに使えるシステムとなっています。

XtaLAB Synergy-EDは、構造化学分野において、より小さい結晶による構造決定に対するニーズの高まりを受け、開発されました。単結晶X線構造解析で扱える最小の結晶サイズは1ミクロン程度であり、実用的な時間で測定するには、最高輝度のX線源と低ノイズの件手記を備えた、最上位機種が必須です。

一方近年では、数百ナノメートル程度の極微小結晶しか得られない物資の構造決定のニーズが高まっています。2018年以来、新しい分析手法であるMicroEDが急速に発達してきています。MicroEDはこれまで分析用透過型電子顕微鏡の一機能を利用して、ナノサイズの結晶から三次元分子構造を導き出す手法として発展してきました。

MicroEDを推し進めてきた研究者たちは、これまで分析用透過型電子顕微鏡と電子顕微鏡用ソフトウェアで回折イメージを取得し、一般公開されているX線構造解析用の汎用データ処理ソフトウェアを用いて回折強度データを抽出し、構造解析を行ってきました。

汎用の高分解能透過型電子顕微鏡では、高分解能の透過像取得用のセッティングと電子回折用のセッティングの切り替えには時間がかかるため、共用するには無理があります。

リガクと日本電子は、電子回折装置に対するニーズの高まりを受け、2020年5月、両者のコア技術を結集した電子回折構造解析プラットフォームの共同開発を開始しました。

その結果がXtaLAB Synergy-EDです。XtaLAB Synergy-ED は電子回折専用装置で、X線回折用として定評のあるCrysAlisProをベースに、電子回折用に最適化されたCrysAlisPro for EDにより、結晶の選別からデータ測定・データ処理、構造解析までを一つのソフトウェアで実行できます。単結晶X線構造解析を利用してきた研究者であれば、導入後、すぐにナノサイズの結晶しか得られない物質の構造解析を始めることが可能です。

仕様と特徴
製品名 XtaLAB Synergy-ED
分析手法 単結晶電子回折法
最大の特徴 電子回折専用装置。HPC検出器、高精度高傾斜用試料軸
電子回折構造解析に必要なすべての機能を搭載した
電子回折統合ソフトウェアプラットフォームCrysAlisPro-ED
検出器 高速・高感度電子直接計数型検出器HyPix-ED
電子線源 最大加速電圧200 kV
ゴニオメーター 一軸回転
オプション 低温装置
コンピューター 外置きPC、MS Windows® OS