Skip to main content
XtaLAB Synergy-S
  • 高輝度光源、ノイズのないX線検出器、高速ゴニオメーターによる非常に高い性能
  • 可変スリットオプションを使用することにより、大きな単位格子からの反射を分離
  • X線管球の長寿命化によりランニングコストを大幅に削減
  • 実験室に収まるコンパクト設計

1光子検出型ハイブリッドピクセル検出器搭載単結晶X線構造解析装置

低分子・生体高分子構造解析のための高速単結晶X線回折装置

 

XtaLAB Synergy-Sは、低分子、生体高分子の区別なく、使用する方の目的達成を最優先に考えて開発された、まったく新しい単結晶X線構造解析装置です。
最先端技術を駆使したハードウェアとユーザーフレンドリーなソフトウェアのそれぞれの特長を活かし、最高のパフォーマンスを発揮できるように設計されています。
XtaLAB Synergy-Sを活用することで、X線回折強度データをさらに精度よく、迅速かつインテリジェントに収集することができます。

さらに理想を追求した検出器 HyPix-6000

現存する検出器の中で最も理想的とされているHPC(Hybrid Photon Counting)検出器にさらに磨きをかけ、単結晶X線構造解析装置用に新しく開発した1光子検出型ハイブリッドピクセル検出器HyPix-6000を標準搭載しています。

さらに進化したゴニオメーター

進化したκゴニオメーターを搭載。カメラ長の対応範囲も広く、効率よくX線回折強度データを収集できます。従来モデルのκゴニオメーターと比較すると、回転軸の駆動速度は2倍になったため、測定時間を大幅に短縮できます。

さらに輝度の向上したマイクロフォーカス線源 PhotonJet-S

新しい技術を集結し、従来のマイクロフォーカス線源に比べ約2倍の輝度を実現しました。最適化された多層膜集光ミラーには、電動の調整軸があり、ソフトウェアから調整することで、常に最高のパフォーマンスが得られます。線源はCu、Mo、Agから選択でき、線源が1つのシングルソースシステム、2つのデュアルソースシステムに対応します。

さらに高機能化したソフトウェア CrysAlisPro

XtaLAB Synergy-Sの中枢を担っているのは、装置制御・データ処理ソフトウェアとして好評なCrysAlisProです。緻密な並列処理アーキテクチャにより、高速化・高機能化されたハードウェアの性能を最大限に引き出します。高度なアルゴリズムをもとに、複雑な結晶構造解析も、短時間で実現可能としました。

諸元/仕様

製品名 XtaLAB Synergy-S
手法 単結晶X線回折
用途 分子の結晶構造解析
テクノロジー κゴニオメーター、HPC検出器(HyPix-6000)
主要コンポーネント マイクロフォーカス線源 PhotonJet-S、HPC検出器(HyPix-6000)
オプション Oxford Cryostream、Cobra、XtalCheck-S、Intelligent goniometer head、ELementANalyzer
制御(PC) 外部PC, MS Windows® OS, CrysAlisPro ソフトウェア
本体寸法 1300 (W) x 1875 (H) x 850 (D) (mm)
重量 550 kg (本体)
電源 単相 90~130V 15Aまたは180~260V 4A

アクセサリー

この製品には次のアクセサリが利用可能です


XtalCheck-S
すべての機能はGUIから撮作できます。 モーター制御により、微小な結品であっても正確なセンタリングが可能です。また複数のウェルや、ドロップ内の複数の結品を事前に指定することで、簡単な撮作で複数の結品を一度に評価できます。
ELement ANalyzer
ELementANalyzerは単結晶試料の回折測定と元素分析(定性分析)を並行して行える画期的なアタッチメントです。回折測定中に試料から放出される蛍光X線をELementANalyzerで計測することにより、結晶に含まれている元素を同定します。