Skip to main content
DSC8231

 

オートサンプルチェンジャー付きDSC8231です。24試料までセットが可能です。測定条件は単一ウインドウで簡単に設定ができます。測定点数が多いとき、または無人運転を必要とするときに有効です。お手持ちのEVOシリーズのDSC8230/DSC8231からグレードアップすることができます。

試料自動交換機付 示差走査熱量計 DSC8231

plus EVO2 DSC8231は微小なピークも見逃さない低ノイズも実現

 

  • 後から付加することも可能です
    コンパクトなオートサンプルチェンジャーにより簡便に付加ができます。
  • 標準容器がそのまま使用できます
    専用の容器は不要です。 従来からの試料容器がそのままお使い頂けます。
  • 割り込み処理も可能な単一試料測定
    単一試料測定専用ウィンドウを用意し、1つの試料も簡便に測定できます。また測定途中であっても割り込み処理により緊急性の高い試料を優先的に測定することが可能です。
  • レファレンス容器も交換可能
    3種類のレファレンス用容器をセット可能です。24試料のうちアルミ、アルミナ、Pt容器等、種類の違う容器を使用する場合にも試料側容器に対応したレファレンス容器を選択できます。
  • ターレットに拡張性の高いキャリブレーションゾーンを設けました。
    ターレットに熱量や温度等の標準試料によるキャリブレーション試料を置くゾーンを設けました。

諸元/仕様

モデル名 Thermo plus EVO2 示差走査熱量計 DSC8231
測定方式 熱流束型
測定温度範囲*1 -150℃~725℃(最高750℃)
測定範囲 ±100mW
プログラム速度 1℃/h~100℃/min
ノイズレベル(RMS) 0.5μW 以下
測定雰囲気 大気・不活性ガスフロー
試料量 最大100μL
冷却ユニット*2 サイフォン型、サーキュレーター型、液体窒素自動供給型
試料自動交換機*2 試料数:24個、レファレンス:3個、較正用試料:5個

*1 室温以下は、測定温度範囲に応じた冷却ユニット(オプション)が必要です。500℃以上の測定は、不活性ガスフローが必要です。
*2 オプション