Skip to main content
その他の熱分析装置
その他の熱分析装置

お客様のご要望に応えしたカタログには掲載されていない準規格製品をご紹介致します。


高圧DSC

高圧DSC

酸素、窒素や水素加圧下での発熱挙動解析や、酸化安定性評価、酸化劣化評価に利用できます。

物質を温度制御プログラムにより昇降温した際の熱の出入りを測定する示差走査熱量測定(DSC:Differential Scanning Calorimetry)を加圧下で行うことができます。酸素、窒素や水素加圧下での発熱挙動解析や、急速な温度変化が材料に及ぼす影響の評価から、航空宇宙材料や水素インフラ用材料の評価に使えます。また酸素加圧下での測定から、プラスチックやゴム製品の酸化安定性評価や、酸化劣化評価に利用できます。高圧協会の認証を受けることが出来ます。

仕様

測定温度範囲 室温~500℃以内
昇温速度 10℃/min以上
雰囲気 酸素、不活性ガス、水素
測定対象 高分子、有機材料、無機材料
分離型TG-DTA

分離型TG-DTA

天秤部本体を制御回路部と分離。グローブボックス内への設置も容易にΦ300ポートから入れることが出来ます。
天秤部本体と制御回路部とを分離してそれぞれ設置できるTG-DTAです。設置の自由度が高く、グローブボックス内への設置などが容易です。φ300 mmのポートから搬入が可能です。

仕様

TG-DTAに準じる
装置寸法 191(W) x 294(H) x D256(682max)(mm)
大流量HUM

大流量HUM

長時間の水蒸気測定や大流量の水蒸気が必要な場合に使用します。

仕様

湿度制御範囲 室温~80℃、10%RH~90%RH
水槽容量 2100mL
MFC流量 Dry用1000mL、Wet用1000mL
校正精度 湿度±1.5%RH(10~95%RH)温度 ±0.3℃
DTA8611

DTA8611

ガラスの形状変化の測定に最適です。
φ8 mm・高さ16 mm(約700μL)の容器を使用し、通常の熱分析用試料容器に対し約15倍の試料量で測定可能な大容量DTA専用機です。ガラス材料におけるガラスの形状変化点を測定する際に最適です。

仕様

湿度制御範囲 室温~1000℃
昇温速度 20℃/min以上
測定雰囲気 N2
測定対象 高分子、有機、無機材料
薄型試料対応TDL

薄型試料対応TDL

薄板材料の測定に適した測定部です。オートサンプルチェンジャーにも対応しています。

HUM切替器

HUM切替器

高濃度水蒸気(HUM)とDryガスの切替をPC制御で行えます。

TG-GC

TG-GC

高気密TG-DTAとマイクロGCの組合せ装置。 比較的安価で簡便に熱重量・ガス組成同時分析することが可能です。 キャリアガスはN2等を使用できます。 GCは質量数がほぼ同じN2とCOを区別できるため窒化物や酸窒化物の熱分析にも有効です

仕様

湿度制御範囲 室温~1200℃
昇温速度 10℃/min以上
キャリアガス N2
測定対象 高分子、有機、無機材料
XRD用水素高圧ATT

XRD用水素高圧アタッチメント

バナジウム系合金の水素透過膜の評価で水素、アンモニア、トルエン蒸気高圧雰囲気下で試料加熱できるアタッチメントです。

仕様

組合せ装置 SmartLabシリーズ
測定温度範囲 室温~1200℃以内
昇温速度 10℃/min以上
雰囲気 酸素、不活性ガス、水素
測定対象 高分子、有機、無機材料