Skip to main content
TG-FTIR
特徴
  • 成分ごとの赤外吸収スペクトルの強度変化グラフ、3D表示など多彩な表示が可能
  • TG用の気相ライブラリによるスペクトル検索
  • Mercury TGA™機能により同時に発生する混合状態のガス種を自動判別
  • 下記Thermo Scientific™社製フーリエ変換赤外分光装置に対応: Nicolet™ iS™ 20, Nicolet™ iS™ 50, Nicolet™ iS™ 50R

示差熱天秤ーフーリエ変換赤外分光分析複合システム

熱分析では、何度で試料に変化が起きたのかは分かりますが、試料から何が気化生成したかまでは分かりません。フーリエ赤外分光法(FTIR)を同時に行うことで、揮発あるいは熱分解によって生成するガス成分の定性分析を行い、生成量の変化を温度変化に対して追跡することができます。