Skip to main content
Micro-Z ULS

 

Micro-Z ULSは、国際規格ISO20884、ASTM2622およびJISK2541-7に準拠した測定ができる卓上波長分散型蛍光X線分析装置です。低濃度硫黄分析に特化した設計で検出下限0.3ppmを実現しています。試料室と分光室の間に設けた特殊な隔壁機構により、分光室の雰囲気を真空に保持できるため、高価なヘリウムガスを用いる必要はありません。さらに小型空冷X線管の採用と新開発の両湾曲分光結晶により高感度分析を実現しました。冷却水、ヘリウムガスおよび検出器用ガスが不要で設置場所を選びません。

ディーゼル、ガソリン、その他の燃料の超低レベル硫黄分析用に設計されたリガク Micro-Z ULSは、硫黄ピークとバックグラウンドの両方を測定する新しい設計を特長としています。 バックグラウンド強度の変化を測定および補正する機能により、正味のピーク強度測定が向上し、その結果、優れたキャリブレーションと向上した精度が得られます。

蛍光X線硫黄分分析計

ASTM D2622-10による石油燃料中の超低硫黄測定ができる卓上波長分散型蛍光X線分析装置

 

硫黄の高感度分析を追求した最新光学系を搭載

・新開発の両湾曲分光結晶を採用
・検出下限(LLD)0.3ppmを実現

設置し易さ、簡単操作を追求

・ヘリウムガスおよび検出器用ガス不要
・小型空冷X線管採用
・プラグイン
・タッチキー操作

信頼できる硫黄分析のための優れた光学

Micro-Z ULSは、石油ベースの燃料の硫黄分析に理想的なソリューションです。検出下限(LLD)は0.3 ppm硫黄です。 Micro Z ULSは、真空環境で堅牢な固定光学系を採用し、特別に設計された二重湾曲RX-9分析クリスタルを特徴とし、一貫した高感度測定を実現します。

技術者以外のユーザーのためのASTM D2622パフォーマンス

技術者以外のユーザー向けに特別に設計されているため、キャリブレーションから日常的な分析まで、すべての操作を使いやすいインターフェースを介して実行できます。 装置は標準のACコンセントから電力を供給することができます。

諸元/仕様

製品名 Micro-Z ULS
手法 波長分散蛍光X線分析(WDXRF)
用途 燃料の超低レベル硫黄分析:ISO 20884、ASTM D2622およびJIS K2541-7
テクノロジー 単元素専用  波長分散蛍光X線分析(WDXRF)
主なコンポーネント 40 kV CrX線管球、二重湾曲RX-9分析用クリスタル
オプション サーマルドットプリンタ
制御(PC) 内部コンピュータ、Micro-Z ULSソフトウェア
本体寸法 450 (W) x 410 (H) x 440 (D) mm
質量(本体) 36 kg
電源 100-120 VAC, 15 A or 200-240 VAC, 10 A