Skip to main content

XRD-DSC同時測定

XRD-DSC同時測定

X線回折(XRD)と示差操作熱量測定(DSC)を同時に実行

リガクのXRD-DSCは、DSCによるin situ測定をX線回折装置の中で実行することができる装置です。両手法の測定は同時に実行できます。 これにより、多形転移、脱水、融合、凝固などの相変化に伴う結晶材料の変化を継続的にモニターすることができます。

主な特徴

  • 結晶学的変化と熱的変化の同時測定
  • 測定温度 室温 ~350℃(オプションにより -40℃~)
  • 測定雰囲気 - 空気、不活性ガス、湿度(オプションのHUM-1を使用して最大90%RHまで)

メリット

XRDとDSCの両方を同時に測定できることは、時間と労力の節約だけでなく、ワークフローの合理化を可能にします。 さらに、同一の実験条件下で収集するため、データは直接的に相関を見ることのできる、信頼性の高いものとなります。 これにより、熱的および構造的変化を同時に追跡することが可能となります。

アプリケーション

有機材料、有機化合物 電子材料
医薬品 電池材料
ポリマーとプラスチック その他の材料

 

リガクの関連装置

全自動多目的X線回折装置 SmartLab

装置が最適条件を教えてくれるガイダンス機能を実現。

全自動多目的X線回折装置 SmartLab SE

リガクの分析ノウハウを凝縮した「ガイダンス」機能を搭載。

試料水平型多目的X線回折装置 Ultima IV

あらゆる用途のための高性能、多目的XRDシステム。