Skip to main content

インプレーン回折

インプレーン回折

薄膜のキャラクタリゼーション

インプレーン回折は、入射X線と回折X線が試料表面にほぼ平行となる回折法で、薄膜のキャラクタリゼーションにおいて重要な手法です。ブラッグ-ブレンターノ光学系のような一般的な配置では、試料表面に平行な結晶面を測定します。X線は試料のある程度の深さまで侵入し、そこで回折を起こしますが、測定したい試料の層が薄い場合にはX線が透過してしまい、層からの回折線は観測できません。このようなとき、インプレーン回折が有効です。

SmartLabの5番目の軸である水平インプレーン軸が、サンプル表面の面内での回折の測定に使用されます。 サンプルを不安定な垂直方向に再配置することなく、厚さ10nm未満の超薄膜および表面層の方位分布を分析できます。 インプレーン軸と垂直軸との組み合わせによって、テクスチャ付きバルク材料の構造を測定することができます。 サンプルは常に水平位置に維持されます。 試料配置が水平であることでラインフォーカスビームの使用も可能となり、測定時間を劇的に短縮できます。 スキャンする前にポイントフォーカスに切り替える必要はありません。 SmartlabのCBO技術と5軸ゴニオメーターを使えば、より複雑な実験をより簡単に行うことができます。

インプレーン回折には2つの大きな特徴があります。ビームの侵入深さは、表面から約100 nm以内に制限されます。サンプル表面に対して(ほぼ)垂直な格子面を測定しますが、これは他の技法ではできないものです。

リガクの関連装置

全自動多目的X線回折装置 SmartLab

装置が最適条件を教えてくれるガイダンス機能を実現。

試料水平型多目的X線回折装置 Ultima IV

あらゆる用途のための高性能、多目的XRDシステム。

アプリケーション・ノート

この手法では、次のアクセサリを利用できます


X線回折装置(XRD)

XRD