Skip to main content

残留応力解析

残留応力解析

金属の非破壊残留応力解析

残留応力は、材料の製造工程中に発生したり、長年にわたる使用によって構造内に蓄積したりする可能性があります。 いずれにせよ、残留応力は製品の品質、耐久性および寿命に深刻な悪影響を及ぼします。 残留応力を正確に検出することは品質管理プロセスの重要な要素であり、製品の耐用年数を予測するのに役立ちます。

X線回折(XRD)は、現在のところ、残留応力を非破壊的に測定するための唯一の正確な方法です。 さらに、XRDは、卓越した空間分解能と、硬化させた材料を測定する機能を非接触で実現しています。 高い応力が掛かる部分や可動部品の表面は、残留応力がXRDによって日常的に測定されます。 これらのタスクの要件を満たすために、リガクはいくつかの異なる装置を提供しており、予算とニーズに合わせて、柔軟なコンポーネントと試料ハンドリングが選択できます。

リガクの関連装置

全自動多目的X線回折装置 SmartLab

装置が最適条件を教えてくれるガイダンス機能を実現。

全自動多目的X線回折装置 SmartLab SE

リガクの分析ノウハウを凝縮した「ガイダンス」機能を搭載。

試料水平型多目的X線回折装置 Ultima IV

あらゆる用途のための高性能、多目的XRDシステム。

可搬型X線応力測定装置 SmartSite RS

可搬型で内径200mmの円筒内部の応力測定が可能。

微小部X線応力測定装置 AutoMATE II

大型試料対応で、非破壊品質評価や事故解析を強力サポート。