Skip to main content

太陽光発電

太陽光発電

太陽電池材料の薄膜層厚さや組成および特性から構造変化

太陽光発電(PVまたは太陽電池)技術は、もともと軌道周回衛星に電力を供給するために1960年代に開発されたものですが、現在ではほとんどがグリッド接続された形で商用発電に使われています。 典型的な形では、太陽電池は太陽電池モジュールにパッケージされ、それらを複数接続して太陽電池アレイを構成します。 光起電力という用語は、ゼロバイアスでのフォトダイオードの動作モードを意味し、このモードではデバイスを流れる電流はすべて吸収された光エネルギーによるものとなります。

太陽電池用のバルク材料としては、他を引き離して結晶シリコンが最も普及している。 薄膜材料としては、テルル化カドミウム(CdTe)、セレン化銅インジウムガリウム(CIGS)およびアモルファスシリコン(A-Si)が、屋外太陽光発電としてしばしば使用される。他にも、光起電技術は、光吸収染料(DSSC)から有機薄膜、高分子薄膜およびシリコン薄膜に及びます。

蛍光X線分析(XRF)は、通常、製造工程管理の一部として金属含有薄膜層の厚さおよび組成を測定するために使われています。 X線回折(XRD)およびX線反射率測定(XRR)は、ラフネス、密度、多孔度、結晶構造といった層の特性を物理的に調べるため、研究開発目的に使用されています。

リガクの関連装置


X線回折装置(XRD)

全自動多目的X線回折装置 SmartLab

装置が最適条件を教えてくれるガイダンス機能を実現。

エネルギー分散蛍光X線分析装置

エネルギー分散型蛍光X線分析装置 NEX CG

環境分析や産業廃棄物、リサイクル原料等の広範囲に対応。