Skip to main content

粉末結晶構造解析

粉末結晶構造解析

粉末XRDで結晶構造を決定

粉末回折データから直接結晶構造を決定する能力は、構造科学の多くの新しい道筋を切り開きます。 多くの重要な材料は、十分な大きさ、品質を持つ単結晶にすることが難しく、従来の単結晶X線回折が、あるいは放射光を用いた微結晶回折すら、応用できません。 そのような場合、粉末回折データからの結晶構造決定だけが、調べたい材料の構造的性質の理解を得るための実行可能なアプローチとなることがあります。 粉末X線回折データからの結晶構造の決定は、材料科学、バイオテクノロジーおよび医薬品等のさまざまな分野において将来有望な手法です。 回折測定に使える品質の単結晶の成長が律速段階となっているような用途では、粉末X線結晶学は3D分子構造決定のための現実的な選択肢となります。 いくつかの束縛条件が得られる場合であれば、高品質の粉末X線回折データから構造を精密化することは一種のルーチン作業となっています。

リガクの関連装置

全自動多目的X線回折装置 SmartLab

装置が最適条件を教えてくれるガイダンス機能を実現。

全自動多目的X線回折装置 SmartLab SE

リガクの分析ノウハウを凝縮した「ガイダンス」機能を搭載。

試料水平型多目的X線回折装置 Ultima IV

あらゆる用途のための高性能、多目的XRDシステム。