Skip to main content
ResQ CQL

 

  • イメージング、比色分析、またはバーコードスキャン用のオンボード5 MPカメラ
  • 最適なサンプル可視性のためのLED懐中電灯
  • より速いスキャンのためのクイックスキャンボタン
  • 前駆体モニタリングのための4Cテクノロジー
  • 目に見えない検出のためのQuickDetect自動比色分析(オプション)
  • 潜望鏡アダプターは、サンプリングの柔軟性を高めます
  • WiFi、P2PまたはUSB経由の接続
  • 改ざん防止レポート
  • Li-PO充電式またはCR123使い捨て電池

ハンドヘルド型ラマン分光計 Progeny ResQ CQL

前駆体、違法薬物、工業用有毒物質などを現地で迅速に分析

 

ラマン分光法は、レーザー光を物質に照射して物質を励起し、これにより物質が発する2次光の中のラマン散乱光を分光して検知し、そのスペクトルから物質同定を行う手法です。前処理なしで、また多くの場合プラスチック袋や瓶を開けずに中の物質を測定できます。リガクの携帯型ラマン分光計Progenyシリーズは、有色物質や有色瓶中の物質も分析可能にする1064 nm励起方式を用いています。Progeny ResQ CQLは、爆薬、化学兵器およびこれらの前駆体、違法薬物、工業用有毒物質などを現地で迅速分析する目的に特化した、軽量かつ高機能なラマン分光計です。

1064nm励起

有色の爆薬、不純物含有化学兵器、植物由来の麻薬などにおいても蛍光バックグラウンドの影響を防止し、正確な物質同定を行うことができます。また対象物質の入った瓶や袋が有色の場合も外側からの直接測定において有利です。

軽量 約1.4 kg

従来機Progeny ResQ(約1.6 kg)よりさらに軽量化されました。エルゴノミクス的にも改良が加えられ、サイトへの持参や膨大な数の試料数への対応も楽に行えます。

500万画素のカメラを内蔵

測定対象物の外観を撮影し、データとともに保存できます。バーコードの読み込みや比色分析の色変化判別も可能です。

充実したライブラリーを内蔵

ユーザーがさらに項目追加することも可能です。またユーザーが独自ライブラリーを作成することも、作成ライブラリーをコピーして関連部門と共有することも可能です。

“危険物/非危険物”の判定結果を即時表示

自動ライブラリー検索により、物質名の他“危険物/非危険物”の判定結果を即時表示可能です。

QuickDetect比色分析法ソフトウェア

これを用いると、ほとんど目に見えない微量試料もスワブで拭き取って試薬と反応させた後、色判定することができます。色判定には、500万画素の内蔵カメラが用いられます。この際、外部光の状態が判定に影響を与えないよう、装置のLEDで撮影部を照射します。

タイマー機能や遠隔操作機能

爆薬の可能性を有する物質の場合は、手順に沿った試料の扱いとともに、測定者が避難したのち測定が始まるタイマー機能や遠隔操作機能を活用します。これにより、二重、三重の安全が確保できます。

4Cモード

同一場所で一つの危険物の異なる前駆体が発見された際にテロリストの活動の可能性を警告する4Cモードを備えています。この機能は、サイトでの使用の増加に伴い、今後重要度が高まると考えられます。

諸元/仕様

製品名 ResQ CQL
手法 ラマン分光法
用途 未知の脅威をより便利に識別するための改良された人間工学
テクノロジー ハンドヘルド1064 nmラマン分光法
主要コンポーネント 1064 nm励起波長は蛍光干渉を低減します。 CWA、爆薬、TIC / TIM、および麻薬を含む13,000以上の化合物の標準ライブラリ。 オンボードデジタルカメラ、4Cテクノロジーは自動脅威レシピ警告を提供。 タッチスクリーンと大きなボタンのGUI
ライブラリーの更新、ソフトウェアのアップグレード、MIL-STD 810-G、IP-68、SWGDRUGカテゴリーA、FDA 21 CFRパート11準拠
オプション 目に見えない量の検出のためのQuickDetect™自動化比色分析。 ドッキングステーション、ボトルアダプター、バイアルホルダー、ハンズフリー輸送用ホルスター、保護ブーツカバー
制御(PC)  
本体寸法 150 (W) x 79 (H) x 185 (L) mm / 5.9 (W) x 3.11 (H) x 7.28 (L) inc
質量 1.4 kg / 3.25ポンド(コアユニット)
電源

付属:充電式7.4 Li-Po、3600 mAH(5 +時間)

対応:使い捨てCR123A(6個)3.0V、1550-4時間充電可能な5mAh


Learn more about our products at these events

Booth number Date Location Event website
PhysChem Forum Japan
Japanese Association Forensic Science Conference Japan
Heliospir - Nantes, France
CBRNe Convergence 203 - Boston, MA Website
JASIS 2020 - Tokyo, Japan Website
Interphex Japan - Tokyo, Japan Website
PharmaLab - Makuhari, Japan
Food & Pharma Tech Exhibition - Taipei, Taiwan Website
ARABLAB 2020 - Dubai, UAE Website
Land Forces - Queensland, Australia Website

QuickDetect Mode

Detect residues or non-visible amounts to keep first responders safer

QuickdetectQuickDetect mode provides automated colorimetrics for trace or non-visible amounts to existing ResQ CQL handheld Raman analyzers. This new features removes the human-error and subjectivity of traditional color reagent kits to help keep first responders safer. By combining the industry’s most advanced 1064 nm handheld Raman analysis with QuickDetect, users can experience the first field-ready Raman tool to provide both bulk and trace analysis for hazardous chemicals, narcotics, explosives, and chemical warfare agents in seconds. QuickDetect is optional on ResQ CQL product lines and is compatible with MobileDetect pouches – ideal for trace amounts, residues or non-visible substances. The rapid response time, easy operation, ability to identify colored materials and through packaging, as well as the ability to now detect trace amounts, demonstrates how the ResQ CQL 1064 nm Raman analyzer is the instrument of choice for the safety & security industry.


To download the ResQ CQL brochure and specification sheet, please fill out the following form