Skip to main content

2次元検出器を用いた金属材料の高速極点測定

AppNote XRD1118: 2次元検出器を用いた金属材料の高速極点測定

 

X線回折法で金属材料などの集合組織の評価を行うためには、通常、複数指数の極点図を利用します。0次元モードによるシュルツ反射法がよく用いられますが、1指数ずつ極点図を測定する必要があり、各α位置でのバックグラウンド測定も必要なため測定に時間がかかります。2次元検出器を用いた極点測定“2D極点測定”は、得られた2次元回折像(デバイリング)の強度分布から異なるα位置の強度を同時に取得できるため、0次元モードでの測定に比べて短時間で極点測定を行うことができます。

リガクのX線回折装置(XRD)

全自動多目的X線回折装置 SmartLab

装置が最適条件を教えてくれるガイダンス機能を実現。

全自動多目的X線回折装置 SmartLab SE

リガクの分析ノウハウを凝縮した「ガイダンス」機能を搭載。

デスクトップX線回折装置 MiniFlex

卓上タイプの高性能多目的粉末回折分析装置。

試料水平型多目的X線回折装置 Ultima IV

あらゆる用途のための高性能、多目的XRDシステム。