Skip to main content

PDF解析によるゼオライトの構造評価

AppNote XRD1131: PDF解析によるゼオライトの構造評価

 

ゼオライトは多孔質アルミノケイ酸塩として知られ、水の吸着能・イオン交換能・分子ふるい能・触媒能など優れた特性を持つ材料です。その結晶構造はTO4 四面体(T = Si, Al)を基本構造単位として、それぞれの酸素を共有しながら複数の環状構造を形成しますが、加熱処理などで非晶化する場合があります。XRDでは結晶構造を評価する手段として、結晶質にはRietveld解析がしばしば利用されるものの、非晶質化してしまった試料には適用することができません。このような場合、PDF解析を用いることによって、非晶質から構造情報を抽出して解析することができます。

リガクのX線回折装置(XRD)

全自動多目的X線回折装置 SmartLab

装置が最適条件を教えてくれるガイダンス機能を実現。

全自動多目的X線回折装置 SmartLab SE

リガクの分析ノウハウを凝縮した「ガイダンス」機能を搭載。

デスクトップX線回折装置 MiniFlex

卓上タイプの高性能多目的粉末回折分析装置。

試料水平型多目的X線回折装置 Ultima IV

あらゆる用途のための高性能、多目的XRDシステム。