Skip to main content

分光分析

分光分析

元素分析および化学分析

分光学は、物質と電磁放射間の相互作用の研究する分野です。 歴史的に、分光法は、プリズムまたは格子によって、その波長に従って分散された可視光の研究を通して生みだされました。のちにその 概念は、波長または周波数の関数としての放射エネルギーとの相互作用をすべて含むように大幅に拡張されました。 分光データは多くの場合、発光、吸収、またはラマンスペクトルといった、対象の応答が波長または周波数の関数としてプロットの形で得られます。

レーザー誘起 ブレークダウン分光法(LIBS)

LIBSは、高エネルギーレーザーパルスを励起源として使用する一種の原子発光分光法です。 レーザーはプラズマを形成するために集束され、それはサンプルを原資に分解したうえで励起します。 アーク/スパーク発光分光法に非常に似た原理と言えます。 リガクは、金属分析用のハンドヘルドKT-100Sを提供しています。

蛍光x線分析(xrf)

蛍光X線分析装置(XRF)

蛍光X線は、高エネルギーX線の照射によって励起された材料から出る、特徴的な「二次」(または蛍光)X線のことをいいます。 この現象は元素分析や化学分析、特に金属、ガラス、セラミックス、建築材料の調査、地球化学、法科学、考古学、美術品の研究に広く使われています。 リガクはさまざまなEDXRFおよびWDXRF分析装置を提供しています。

携帯型ラマン分光装置

ラマン分光法は、通常は可視域、近赤外域、または近紫外域のレーザーからの単色光の非弾性散乱であるラマン散乱を利用するものです。 レーザー光は、物質内の分子振動、フォノンまたは他の励起と相互作用し、その結果、レーザー光子のエネルギーが上下にシフトします。 エネルギーのシフト量は、物質内の振動モードに関する情報を与えます。 赤外分光法は、これに似ていますが補間的な情報をもたらします。 リガクは、さまざまなハンドヘルドラマン分光計装置を提供しています。

リガクの関連装置


エネルギー分散蛍光X線分析装置

エネルギー分散型蛍光X線分析装置 NEX CG

環境分析や産業廃棄物、リサイクル原料等の広範囲に対応。

エネルギー分散型蛍光X線分析装置 NEX DE

ppmオーダーから主成分の元素分析が行えます。

エネルギー分散型蛍光X線分析装置 NEX QC+ QuantEZ

半定量分析等,高機能ソフトウェアを搭載したPCモデル.。
 

波長分散蛍光X線分析装置

波長分散小型蛍光X線分析装置 Supermini200

高出力200Wで広範囲なアプリケーションに対応

卓上波長分散蛍光X線分析計 Mini-Zシリーズ

特定の単一元素の分析用WDXRF分析装置。

全反射蛍光X線分析装置

卓上型全反射蛍光X線分析装置 NANOHUNTER II

液体の高感度超微量元素分析を可能にします。 

携帯型ラマン分光計

ハンドヘルド型ラマン分光計 Progeny

固体、粉末、液体、その他の物質を実験室品質で分析。

ハンドヘルド型ラマン分光計 Progeny ResQ

未知化合物をオンサイトで同定する最先端のシリーズ

ハンドヘルド型ラマン分光計 Progeny ResQ CQL

爆薬、化学兵器、前駆体、違法薬物、有毒物質など迅速分析。

携帯型LIBS

レーザー式合金判別用成分分析計 KT-100S

迅速で正確な合金識別用ハンドヘルドメタルアナライザ

アプリケーション・ノート

関連するアプリケーションノートをご紹介します


EDXRF

XRD

X線回折装置(XRD)