Skip to main content
Thermo Mass Photo

 

世界初、スキマー型ガス導入インターフェースと光ソフトイオン化技術が融合した示差熱天秤-質量分析同時測定システムです。ガス検出部で分子を壊さずにそのまま計測できます。発生ガスを高精度に質量分析するための理想的なスキマー型ガス導入インターフェースとフラグメントフリーな光ソフトイオン化技術のコンビネーションにより、多成分ガスが同時生成する場合でも、リアルタイムにガスを弁別分析します。

示差熱天秤-光イオン化質量分析同時測定システム

スキマー型ガス導入インターフェースと光ソフトイオン化技術が融合した示差熱天秤-質量分析同時測定システム

 

画期的なイオン化法を採用(特許)

フラグメントフリーな光ソフトイオン化方式を採用しました。

光ソフトイオン化法の原理
光を分子(M)に向けて照射したとき、その光子エネルギー(E=hv)が分子のイオン化エネルギーよりも大きい場合、分子は光電子を放出し、イオン化を起します。
     M+hv → M++e
本装置では、10eV程度の光子エネルギーをもつ真空紫外光を、イオン化源として採用しています。

理想的なガス導入インターフェース(特許)

ジェットセパレータ原理に基づく2重オリフィス構造のスキマー方式の採用により、高沸点、高反応性ガスも高精度に検出します。

イオン化モード選択可能

イオン化モードは電子衝撃イオン化(EI)法と光イオン化(PI)法とのモード選択が可能です。

目的に応じて測定モード選択可能

指定した全マスレンジを測定するTIC(Total Ion Current)スキャンモード、指定したマスナンバーだけを高感度に測定するSIM(Selected Ion Monitoring)モード、特定成分種を追跡する分圧(Partial Pressure)モードが選択可能です。

水素からm/z410まで超高感度で検出可能

H2,H2O,COなどの低質量分子や無機ガスからm/z410までの質量範囲を高感度で検出できます。

予期せぬ発生ガスも高感度でキャッチ

すべての発生ガスを検出するための高速TICスキャンモードを標準装備しています。

ダイナミックTG測定が可能

等反応速度モード、段階状等温制御モードの2モードをそろえたダイナミックTGとMSの同時測定によって、複雑な多段階反応、並進反応の把握が可能です。

オールインワンスタイル

メンテナンス性に配慮した構成で、省スペース、安全性を実現しました。

電子衝撃イオン化(EI)法専用機もラインナップしています。その場合の測定質量範囲(m/z)は1~200です

操作性の向上

ガイダンス機能を搭載したソフトウェアで、測定がより簡便になり、操作性が大幅に向上しました。

諸元/仕様

製品名 Thermo Mass Photo
テクニック 同時熱分析(TG-DTA)と質量分析(MS)
用途 温度変化による発生ガス質量分析および熱重力措定と示差熱分析同時測定
テクノロジー 発生ガス分析を用いた水平示差熱重量 - 示差熱分析計(TG-DTA)
主要コンポーネント スキマー型ガス導入インターフェース
オプション Smart loader
制御(PC) 外部PC、MS Windows® OS、ガイダンス機能搭載ソフトウェア
寸法(本体) 870 (W) x 576 (H) x 547 (D) (mm)
質量 98 kg
電源 単相 200V 50/60Hz 10A