Skip to main content
NEX QC, NEX QC+

 

非常に小型で扱いやすい、エネルギー分散型蛍光X線分析装置です。データ解析用コンピューターとサーマルプリンター内蔵で、この1台だけで完結。NaからUまで、定量分析(検量線法)ができます。タッチパネル式のユーザーインターフェースで操作も簡単、製造の工程管理に最適です。

エネルギー分散型蛍光X線分析装置

非常に小型で扱いやすい、エネルギー分散型蛍光X線分析装置

 

超コンパクト

331 mm (W)×432 mm (D)×376 mm(H) 重さ:16 kg データ解析用コンピューター、サーマルプリンターを内蔵。

様々なサンプルタイプに対応

固体、液体、粉末、スラリー、メッキ、RPFなど。

50 kV X線管球で幅広い元素範囲を測定

ナトリウム(₁₁Na )からウラン(₉₂U )まで。

分かりやすいタッチパネル式ユーザーインターフェース

スマートフォンスタイルのアイコン操作で取り扱いが簡単です。

ネットワーク

LIMS互換のデータ転送機能。USB、Ethernet接続端子。

維持管理が簡単

低価格で維持管理も簡単、コストパフォーマンスにすぐれたモデルです。

諸元/仕様

製品名 NEX QC
手法 蛍光X線分析(XRF)
用途 固体、液体、スラリー、メッキ、RPF、合金、粉末および薄膜の元素分析
テクノロジー エネルギー分散型XRF(EDXRF)
主要コンポーネント 4 W-50 kV X線管、SDD検出器、内蔵サーマルプリンタ
オプション 5 / 6ポジションオートサンプラー、サンプルスピナー(シングルポジション)
制御(PC) 内部コンピュータ、NEX QCソフトウェア、USBおよびイーサネット接続
本体寸法 331 (W) x 376 (H) x 432 (D) mm
質量 約 16 kg(本体)
電源 単相 100/220 VAC 50/60 Hz, 1.4 A